商店街での商品の共有

さしまにです。
とある喫茶店にて

おばちゃん
「店員さん、店員さん!@@@のケーキ食べたいんだけど、買ってきてよ」
店員さん
「何ケーキにします?」
おばちゃん達
「私ショート!私チョコ!私モンブラン!」

これって凄くないですか。
商店街の小さな喫茶店なんだけど、商品を共有してます。
お店の人はサービスでやってるのでしょうか?
もしそうなら儲けは無いかもしれないけど、上手くシステムに組み込めば商店街独自のメリットが発揮できる気がします。

お客さんのメリット
お客さんはいつでも好きな店に行ける
そこでいつでも好きなものを注文できる。
そしてお会計はまとめて

お店のメリット
自分の苦手なメニューも提案できる(コーヒー屋でケーキ屋の美味しいケーキとか)
仕入れコストの削減
なんといっても、今まで以上の利便性で客をよべる

デメリット
注文ごとに買いに行くのは時間と手間がかかる
利益はどうする?
だれが取りまとめる?

そこで商店街の中に仲介業者を作ったらどうでしょう?
商店街の加入店から会費を貰う代わりに商品の運搬や店を超えた代金の支払い代行業務を行う。
でも他店で食べると値段が上がるとかなったら元も子もないので、上手く調節しなければだめですね。

僕の理想はコーヒー屋で端末から図書館の本をレンタルできて、手元まで運んできてくれたら最高なんですけど。。。

以上!

スポンサードリンク