【Surface3】Windows10でiPhoneと写真を同期する方法

さしまにです。
Surfaceの記事ばかり書いていますが、実はApple信者です。

スマホがiPhoneだと写真はiPhoneで撮っちゃいますよね。
MacだとiCloudで一気に同期しているけど、Windows10ではどうしようとお嘆きの貴兄。
朗報です。Windows10でもiCloudを使えました。安心してください。

ダウンロードはAppleのホームページからできます。
使用するにはAppleIDが必要ですが、iPhoneを使っているみなさんは持ってますよね?
ダウンロードしたらインストールをしてください。
そしてすべてのアプリからiCloudを選択。
Keynoteとか色々インストールされてるかもしれませんが、使わない方は気にしないでください。
iCloudフォルダの中のiCloudを選択し、AppleIDを入れれば準備OK。

201508160001
こんな画面が出ると思います。
その中の写真にチェックを入れればiPhoneの写真内のフォトストリームと同期します。
フォトストリームとはiCloud上にアップロードされた写真ですね。詳しくは割愛します。

さて写真はどこのフォルダと同期されたかというと、ここにあります。
201508160002
PC→ピクチャ→iCloudフォト→自分のフォトストリーム

iCloudフォト内の説明を簡単にします。
「アップロード」フォルダの中に写真を入れるとiCloudにアップロードしてくれます。
「共有」フォルダは他の人と共有している写真が出てきます。
「自分のフォトストリーム」が今回の目的であるiPhoneで撮った写真が入っている場所です。

これでネットに繋がってさえいれば自動で同期してくれます。
是非試してみてください!

以上!

スポンサードリンク