Gmailは留まる所を知らない!新境地Inboxを試してみた!

さしまにです。
みなさん同様大量のメール処理に頭を痛めてます。

今回iPoneの使い方を改めるにあたりメールアプリをGoogleのInboxに変更しました。
今までは標準メールアプリで「未読」をポチポチ消化していましたが、その作業が格段に楽で楽しくなったので共有したいと思います。

GmailとiCloudのメールの転送方法はこちらの記事を参考にしてください。

●Inboxのすごいところ
1:フリックのみで感覚的にメールを処理できる
2:スヌーズ機能で今やる必要の無いものを忘れられる
3:自動振り分けシステムが便利


簡単に表現するとこんな感じ。
画面もとにかく直感的で使いやすいです。
それでは細かく見てみましょう。

○受信トレイは常に空にする
201509300010
Inboxの考え方は受信トレイはすぐに処理をして空にし、すぐに処理する必要のない物はスヌーズで後日通知するというものです。
すべて処理をした後はお天気マークが出てきます。
これですっきりです。

○確認・処理したものは完了させる
201509300002
読み終えたもの、処理が終わったものは右フリックで素早く完了フォルダへ移動できます。
これがなかなか気持ちい!

○すぐに処理する必要のないものはスヌーズ
201509300003
今すぐに完了できないものはリマインダーで後日通知することができます。
方法は左フリックのみ。
201509300004
左フリックするとスヌーズ期間が決められます。
特定の場所についたらスヌーズって事もできますよ!

○ルールを決めれば自動振り分け
201509300005
ルールを決めればフォルダに自動的に振り分けてくれます。
そしてある程度はGoogle先生が自動的に振り分けてくれます。
201509300011
しかも受信トレイにはカテゴリ別に分かれた状態で出てきます!
なんて便利なんでしょう!

○右下の+ボタンはショートカット!
201509300006
右下の+ボタンを押すと、「最近メールを送ったアドレス」「リマインダー」など出てきます。
一番下の作成を押すとメールが送れます。

○送り先は名前を入れれば候補が出てくる
201509300007
おそらくGoogle先生の連絡先と連動しており、名前を入れれば送信先の名前とアドレスが出てきます。

○もちろんブラウザからも見れる
201509310009
Gmailの進化形ですのでブラウザからも同じ画面でメールチェックできます!

簡単ですが、Inboxはこんな感じです。
これからガンガン使用していきたいと思います!

以上!

スポンサードリンク