【Mac】2段階認証だけでは不安になったので、1Passwordを導入してみた!

さしまにです。
パスワード管理舐めてました。

しばらく前、Googleアカウントが不正アクセスされました。
ブログを始める前なので詳細は忘れてしまいましたが、こんな感じで対処しました。

1:朝起きたら、Google先生から「不正アクセスっぽいからブロックしたよ」ってメールが来た。
2:調べたら明け方に何度か自分のアカウントにアクセスされた形跡あり。
3:さっき起きたし絶対ありえないので、パスワード変更と2段階認証を設定した。

「こんな個人で使ってるアドレスまで不正アクセスされないでしょ」って思っていたので、マジでビックリした記憶があります。
当時はパスワードは短かったし使い回しも多少あったので、焦ってパスワードを変更した記憶があります。
どんどん増えてくパスワード。
どんどん面倒になっていく。
そんな中、ずっと気になっていたアプリがありました。

神アプリと名高い1Passwordです。

なかなか高価なアプリなので手を出していませんでしたが、覚悟を決めて導入することにしました。
たまにセールしてるので、それを狙うと効果的です。

1Password

無料
(2015.10.16時点)
posted with ポチレバ
1Password

3,600円
(2015.10.16時点)
posted with ポチレバ

Windows版はこちら

注)Mac版とWindows版の両方を購入したい方はApp Storeを通さず開発者agilebitsのページから購入した方がお得です。
ただしiCloud同期やApp Storeでのアップデート管理はできないようです。

○使い方
先人達がすっごく詳しく記事にしてくれているのでググった方が早いです。
なので僕なりに注意したことを書いてきます。

1:Windows版を使う場合はDropBoxに1Passwordのキーチェーンを保存するべし!
Mac版とiOS版のみで使用する場合はiCloudでも構いませんが、会社のPCなどで必要になってくる場合も考えDropBoxをお勧めします。
全パスワードを登録するとかなりの量になり、1Passwordでパスワード作成まで行うと全てのPCにインストールしないと仕事にならなくなってきます。

2:パスワードジェネレータが超絶便利!けど初めは気をつけて!
パスワードジェネレーターでパスワードを作れるので初期設定時に同時にやりたくなりますが、1Passwordに慣れて通常運用できるようになってからの方が無難です。
僕はミスって数回新しいパスワードが分からなくなり復旧にかなりの時間を費やしました。
サイトを間違いなく全て登録してから徐々にパスワードを変更しましょう。
パスワードが分からなくなりログインできないと本当に焦ります。。。

3:とにかく全部突っ込むべし!
まずは覚えてる限りのサイトにアクセスしてIDとパスワードを登録しまくりましょう。
入力したらポップアップが現れすぐに登録できます。
これでは入力もれがあるかもしれませんので僕はiOS版の新規登録で登録もれがないか見直しました。
iOS版は新規登録時に対応サイトが出てきて便利です。

201510160002
201510160003
こんな感じで出てくるのでチェックにはオススメです。

僕はとにかく個人情報、ID、パスワードは1passwordで一元管理することにしました。
そして免許証やパスポート、クレジットカードや重要書類を全部ぶっ込んでみました。
PDFを取り込む時に使ったのがセキュアノート。
自由に使えるノートって感じで便利です。
クラウド上ってのは若干心配ですが、個人情報のEvernoteってイメージで使いまくってみます。

今後の課題はキーチェーンとの共有。
どう使い分けていくか考えてみようと思います。

以上!

【Mac】2段階認証だけでは不安になったので、1Passwordを導入してみた!
この記事をお届けした
さしまにコンテンツの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク