アスペルガーと診断されてから仕事をする時に気を付けている事

さしまにです。
自分流対人関係第2弾です。

なにか仕事をしている時に話しかけられる事が苦手です。

本当に相手にとって嫌な顔をしてしまう時も今までよくありました。

今日はその事について自分なりに考えた対策を記事にします。

話しかけられるとどうなるの?

とにかくイライラします。「今お時間大丈夫ですか?」とか言われても「大丈夫じゃねーよ!」って言ってやりたくなるくらいイライラします。どうしてかというと、集中してる時に話しかけられると頭が切り替わらず、軽度なパニックになってしまうからです。また、仕事を中断してしまうと、初めから見直さないと作業をスタートできません

だから本当に嫌でした。
ただそれじゃチームワークの仕事ってできないですよね。
そこで解決策を練り出しました。

どうやるの?

簡単に言うとあきらめました
この習性を治すことは自分では不可能です。なので極力相手に嫌な思いをさせない工夫をしています。もう一度言いますと自分の事はあきらめました

やった事1:INBOXをつくる
デスクにINBOXを作り、手渡しのみの書類関係は全部その中に入れてもらいます。また「声はかけなくていいよ」と全員に伝えます。これが重要。INBOXを作成してから、書類の手渡しとかで声をかけられる事はなくなりました。

やった事2:話しかけられたら仕事を諦めて体ごと相手の方を向いて話を聞く
もうしょうがないです。仕事は続けたいけど諦めました。これは普通の人でもできない人が多く、やるだけで部下に好かれますよ。お得です。とにかくしっかり話を聞くこと。部下の好感度が上がると考えれば、仕事のやり直しなんて安いものです。

やった事3:どうしても中断できない場合は「今は無理」とはっきり伝える
一気にやってしまわなければいけない事もあると思います。僕は数字関係は中断したら帰ってこれません。アイディア出しも初めから考えなきゃいけなくなります。その時はしょうがないです。はっきり伝えましょう。「今は無理なので、あとで話を聞きます」と。これを言うと仕事も中断しなくて良いし、緊急じゃない場合は大抵待ってくれます。嫌われるよりずっといいです。

絶対に声をかけて欲しくない時は?

やっぱりありますよね。僕もちょくちょくありますよ。そんな時は対処のしようが無いので、諦めて場所を変えます。使ってない会議室でもいいし、カフェに移動しても良いと思います。とにかく事情を話して場所を変えましょう。それしか方法は見つけられませんでした。

こんな感じです。とにかく自分が相手に嫌な気持ちをさせる時の事を信頼できる人に聞いて解決していくしかないです。だって自分じゃ気が付きませんもん。一つ一つ解決していくのは本当に大変ですが、社会で生活していく為にはルールに合わせなければいけない場合が多いです。無理なものは無理できることは努力する。それで解決していくしかないんですよね。しょうがないです。頑張りましょう。

以上!

スポンサードリンク