【タスク管理】Todoistのカルマってシステムが凄い良い

さしまにです。
仕事にTodoistが欠かせなくなりました。

さて、しばらくTodoistを使用していて気がついた事があります。

今までよりも積極的に先延ばしせずタスクをこなしている自分がいるんです。

何でだろうか考えてみたので、それを記事にします。
前回のTodoistの記事はこちら
Todoistにタスク管理を切り替えた理由が書いてあります。

原因はカルマだ

カルマとは

Todoistのページのカルマの説明を抜粋します。

  • カルマのグラフで生産性が一目でわかる
  • 目標タスク数を決められる
  • タスクを管理する事自体でカルマが上がる
  • カルマを積むとレベルが上がる
  • 共有できる

簡単に言うとドラクエの経験値やレベルみたいなものですね。FFじゃなくてドラクエが出てきましたけど、そこは突っ込まないでください。

どこがいいのか?

癖になります。
ついついカルマを気にしちゃいます。
だんだんカルマの為にタスクをこなすようになっちゃいます。

なかなか上がり方もニクいんですよ。
僕は今中級者なんですけど、初心者から新米、新米から中級者は結構すぐに上がります。
だけどね、ハマってくるとなかなか上がらないようになってるんです。上手い作戦です。

とても理にかなっている

タスク管理の基本はこんな感じです。

やるべき事をすべて書き出す→タスクをこなす→レビュー

いろいろタスク管理の本を読んでみましたけど基本はこんな感じです。
僕はそこまでタスク管理を追求していないので詳しく語れません。詳しくは本を読んでみてください。1冊目はこれがいいと思います。全面改訂版が2015年11月26日発売です。

で、カルマの何がいいって言うと、これらすべての行動に対してカルマのポイントが上がってくんですよ。ついついタスクをこなしてしまう。
何の本で読んだか忘れましたけど、仕事をポイント制にして、自分のやった仕事にポイントをつける。こんな事が書いてありました。確かに目に見える成果にして目標に向かって進んで行くってわかりやすいですよね。ドラクエにハマる気持ちもわかります。

どんな風にタスク管理が変わったの?

こんな感じです。

  1. 細かいタスクでも全部書き出すようになった
  2. タスクを細かく分解するようになった
  3. すぐできるタスクの先延ばしが無くなった
  4. 毎日レビューをし、やり残したタスクを確認するようになった
  5. やり残しを見つけられるように管理方法を工夫するようになった

こう書き出してみると全部タスク管理の基本ですね。それができるようになりました。
以前までのタスク管理方法だと、どうしても疲れなどによって甘えが出てきてしまいます。
「明日でいいや」
「一回くらいレビューしなくていいよね」
「管理方法を考えるのが面倒」
などなどです。人間だから楽な方に逃げる。しょうがない。サボりたい。それが人間です。
ただし考え方を変えてゲーム感覚にする。そして成果が見えるたったそれだけで気持ちって変わるんですね。
ドラクエも考え方が変わればただの作業ですもんね。

すべての事をゲーム化して考えられるよう努力しよう!

こんな風に思いました。
そう思えただけでもTodoistに変えて良かったかもしれないです。

ダウンロードはこちら

Todoistのホームページ(Windows版など)

・iPhone、iPad

Todoist: Todoリスト | タスク管理

無料
(2015.11.26時点)
posted with ポチレバ

・Mac

以上!

スポンサードリンク