新入社員の教育について思うこと

さしまにです。
ここ最近よく同僚の管理職から聞く言葉があります。

それはこんな感じです。
「自分たちの若い頃は@@@だった」「最近の新人は@@@だ」などなど否定的な内容です。
確かに当時は今のパワハラにあたる事も沢山ありました。

それに耐えて根性を身につけるって考えている人も大勢いました。。。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

何を言ってるんですか!

あなたはB@K@ですか!

人も仕事も常に変化していかなければいけません。
一番いけないことは変わらないこと。

たぶん彼らは自分が今までやられたことをやり返す番だって思っているのかもしれませんね。
部下がかわいそうでしょうがありません。

 

今の新人の特徴は?


1:打たれ弱い
怒られると簡単にシュンとしてしまいます。
9個褒めて1つ怒るぐらいがちょうどいいのかもしれません。
また次に続きますが、プライドが高いので人前で怒ることは絶対にやめた方がいいと思います。

2:自信がある
自分は仕事ができるって思い込んでいる人がほとんどです。
それを上手く利用しましょう。
とにかく褒める。良い所を褒める。常に褒める。そしてたまに注意する。
そうするとぐんぐん伸びていきます。

3:長所を必ず持っている
自由に教育を受けてきた世代です。
やりたい事をやってきたので、長所が必ずあります。
「人当たりが良い」「計算が得意」「説明がうまい」などなど細かいところで良いので長所を見つけてあげてください。
それを伸ばすことで短所をカバーできます。

責任を与えてみよう

管理職としては、頼りない部下に仕事を任せることはかなり不安だと思います。
だけど簡単な仕事のみでは今の世代は成長しません。
思い切って難しい仕事や責任のある仕事を振ってみましょう。
もちろん初めは全くできませんが、それを通じてすごいスピードで成長する気がします。
そして責任が生まれるのです。
10年くらい前の新人と比べてですが、自分の責任がわかった今の新人の方が仕事を理解するのが早い気がします。
とにかく思い切って仕事を任せることが大切です。

とにかく時代は変わるんだから過去の話ばっかりしていてはダメです。
今の時代に合わせた教育ができるよう、こちら側が変わらなければいけません。
僕は思います。
最近の新人が悪いのではありません。
変われない僕らが悪いんです。

以上!



新入社員の教育について思うこと
この記事をお届けした
さしまにコンテンツの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク