給与を上げるためにはどうするか

さしまにです。
新入社員の時はよく考えていました。
どうやったらあと10万円給料が増えるんだろうって。

聞いた話によると、大手の商社なんかはそれぞれの等級に課題があり、それをクリアすると一気に給料が増えていくらしいです。

一般の会社はどうなんでしょうか?
僕が今まで経験した範囲で答えてみたいと思います。

給料を上げるためには

給料が上がるポイント

1:年齢が上がる
ある程度の年齢までは年齢が上がる毎に給料が若干増えることが多いです。
2:資格を取る
職種によっては推奨される資格を取ると給料に反映されること多いです。
3:昇進・昇格する
一般社員が主任になったり、等級が1つ上がる場合です。これが一番ガツンと上がります。

給料が上がりにくい会社

小規模の会社に多いですが、役職者の席がすべて埋まってしまっている場合。誰かが退職する、もしくは事業が拡大しない限り席はできません。若干は上がっていくかもしれませんが、大きな増加は見込めないでしょう。ある程度のスキルを吸収した後は転職した方がいいかもしれません。

会社と交渉する

自分が会社にとってなくてはならない存在の場合、上司に交渉する事もいいと思います。闇雲に無責任な発言をするのではなく、きちんと成果を出し、その数字をもとに交渉する必要があります。
自分が本来貰うべき金額と異なっていた場合、つまり会社に自分の実績を正確に把握されていなかった場合は効果があります。ただし、会社の評価と自分の評価が大きく異なっていた場合は、ギクシャクしてしまう可能性もあるので、今の会社に居たい場合は注意して行う方がいいです。

次の時代でも勝ち残れるキャリアアップをしよう

大まかに説明するとこんな感じです。ただし今後の世の中を考えると目先の給料の事ばかり考えている訳にはいきません。この記事でも書きましたが、今の時代は昔と違います。一生会社の為に働くという考え方は時代遅れもいいとこです。今の時代はいかに自分のスキルで社会に貢献するかだと思います。
近々社会は大きく変わると思います。巨大企業は残ると思いますが、小規模の企業が自社の専門に特化し高回転で動いていく社会になると思います。専門分野はアウトソーシングでいいんです。そのとき必要なのはプロフェッショナルではないでしょうか?今あなたにできることは自分の得意分野に特化し、誰にも真似できない何かを見つける事です。その為に転職や起業で自分に力を付けてください。っていうか収入を上げるための近道はこれだと思います。



参考になれば幸いです。
以上

スポンサードリンク