Continuum(コンティニウム)に対応したNuAns Neoにスマホの未来を感じた

さしまにです。
Continuum(コンティニウム)って知っていますか?スマートフォンを外部モニタに接続することで、簡易的なWindows PCとして使える機能です。簡易的って所が気になりますが、久々にロマンを感じる機能です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ついに日本でも対応機種発売

NuAns Neo

ホームページはここ
トリニティ株式会社っていう日本の会社の製品です。下記サイトより引用です。

最先端を追いかけ、最新のテクノロジーを追いかける。それもまた、ライフスタイルをより良いものにしていくための、ひとつの答えであることは間違いありません。しかし、別の回答もあるのではないか。そう感じるようになってきていました。

ステキじゃないですか?大変日本人らしいこだわりです。気になる方は、ぜひホームページを見てみてください。
一応、3行でまとめてよって方向けに要点をまとめます。

  • こだわりの素材のバックカバーをいくつも組み合わせることができる
  • 連続通話時間16時間、待ち受け時間400時間
  • Continuum(コンティニウム)対応

色々素晴らしいこだわりがあります。大変ステキです。ただ僕が未来を感じた点はここ。

Continuum(コンティニウム)対応

確定したのが最近なのでしょうがないとは思いますが、目玉は間違いなくここです!

スマホの未来とは

Continuum(コンティニウム)

Continuumって何かっていうと、ディスプレイにつなげると簡易的なWindows PCとして使えますよって機能。簡易的ってのが気になるけどすごくないですか?
まだどのくらいの実力があるのかわからないですけど、普段はスマホとして、職場ではPCとしてスマホを使える訳です。
先日発売されたiPad proはアップルによると、「過去一年に販売されたPCの8割よりも高速」なデスクトップ級プロセッサです。つまりこの位のパワーはスマホでもすぐに実現可能と言う事。普段はスマホとして自分のPCを持ち運べる時代がもうすぐ来るって事です。

パソコン離れが進んでいる

一方こんなデータもあります。(出典元garbagenews
201601230001
アメリカでの2013年から2015年の自宅にネット環境がある人とスマホだけの人の変移のグラフです。
見事に自宅のブロードバンド環境は減ってスマホにシフトしていますね。
つまりどういう事か。

スマホの高機能化によりPC需要が減っている

って事です。
家のPCで何をするか考えてみましょう。
インターネット、動画鑑賞、写真管理、ゲームなどなど。全部スマホで出来る事です。
僕がどんな時にPCを使うか考えてみると、長文を打つ時、大量の数字の打ち込み、本格的な動画編集、一眼レフの写真管理。
この位かもしれません。
家でやる作業は動画編集と写真管理のみ。ただし趣味の世界なので、簡易的なものはスマホで十分です。つまりこだわらなければ家にPCはいらないって事です。そう、普段はスマホで十分。必要な時だけPCになれば良いんです。
ねっ、未来でしょ?

一方仕事面では?

ただし会社ではPCはまだまだ必要です。大量のデータ処理や入力はスマホでなんか手間がかかってできません。社内のデータ閲覧は社員がプライベートで使うスマホで見れるようにはできないでしょう。だからPCは仕事ではまだまだ必要なんです。

そこで、Microsoftが描く未来が実現したらどうなるか考えてみましょう。
会社からPCの代わりにWindows10搭載のスマホが渡され、会社ではディスプレイに接続して使うようになるでしょう。取引先で使用する場合は、持ち歩いているスマホをプロジェクターやディスプレイに繋げれば同じ環境で仕事ができます。街でもディスプレイの時間貸しのカフェでもできれば簡易オフィスになりますね。新幹線や飛行機にディスプレイがあれば移動時間で仕事もできます。
なんという仕事漬けの日々。営業職からすれば大変な事ですが、自由な働き方ができるようになりますね。

デメリットもあります

何かというと、スマホが複雑になる事。まぁ今も複雑ですけど。
世間一般ではiPhoneみたいにシンプルに使えれば良いんだよって人が相当数を占めます。若い女子に聞いた所、Facebook、Twitter、Instagram、LINEなどのコミュニケーションツールとグノシーやLINE NEWSなどのニュースアプリとゲームしか入れてないよって子も多いです。
先ほど書いた通り、スマホで十分って子がこれからの時代ほとんどになると思います。この記事を読んでいる人はバリバリスマホを使いこなしているでしょうけど、実際はそうでもないんです。

つまり複雑化してしまうと需要が無くなるって事

MicrosoftとAppleの戦略

やっぱりいつもの通り分かれましたね。

Microsoft:ビジネス・玄人需要
Apple:一般・素人需要

AppleはiOSとMacOSは一緒にならないよって言っています。Microsoftは一緒にしました。さてどちらが一般的になるのか?
これは作戦にもよりますが、シンプルで普遍的な機能を充実させるAppleに軍配が上がると思います。だって、どちらの人口が多いと思いますか?そりゃバリバリとスマホを使いこなしている層より、一般的な使い方をしている層でしょ?
ってな風に予想します。

ただしガラケー全盛期にはiPhoneなんてデカいブンチン誰が持つんだよ!!って言われてたけど、これだけ普及しましたよね。
つまり何かイノベーションが起これば普及するわけです。
そんなイノベーションを起こそうって考えるマイクロソフトの勢いはすごいと思います。だってアップルは最近停滞しているしね。

そんなこんなで未来を感じたってお話しでした。

NuAns Neoはどこで買えるか

発売日は1月下旬予定。つまりまだ買えません。(1/23現在)
2016年1月31日に発売開始しました!

Amazonで買えます。

あとはU-mobile
だとsimとセットだけど分割で買えます。


以上!

スポンサードリンク
スポンサードリンク