マイナス金利の効果がいまいち解らなかったので調べてみた

さしまにです。
今ニュースでマイナス金利が話題ですね。恥ずかしい話ですが、部下から「マイナス金利の効果とは?」と聞かれて答えられなかったので調べてみたので記事にしてみます。

マイナス金利とは

-shared-img-thumb-PAK85_laladentakuOL20140321_TP_V
まずはここから調べてみましょう。安定のWikipedia師匠です。

マイナス金利(マイナスきんり)とは経済学用語の一つであり、金利がマイナスになるということ。超低金利の時期ならば短期金利が一時的にマイナスになることもある。またインフレ時で物価上昇率が高い時期の低金利の預金ならば名目金利がプラスであっても実質金利がマイナスとなっていることもある。

はい難しい。
なので簡単に説明してみます。

銀行に預ける時、通常は利子が付くけど、マイナス金利の時には逆にお金を払わないと預かってくれないよ。って事です。

次の文章も一応説明します。
110円銀行に預けて10円利子が付いて120円になりました。お金は増えているので利子は付いています。ただし、物価が上がって120円のジュースが130円になってしまったので、お金は増えても今まで買えていたジュースが買えなくなってしまいました。なので実質お金は増えていません。なので金利はマイナスになってるんじゃないの??って事が次に書いてある事です。

ただマイナス金利は銀行が日本銀行にお金を預ける時の話なので、僕らの貯金が減っていくわけでは無いので安心してください。

今回の政策とは

今回のマイナス金利はすべてに適応するわけではありません。どうやら預金を3つに分けて考えているようです。

  1. すでに預けている預金 → +0.1%の金利
  2. 積み立て義務がある分 + 東日本大震災復興関連 → 0%
  3. それ以外に今後預ける分 → -0.1%の金利

つまり復興以外で君らが好んで預ける分は手数料がかかるよって事になります。

つまり何が起こるの?

銀行目線で簡単に説明すると、こんな感じです。

  1. お金を預けると手数料取られるしどうしようかな?
  2. じゃあ預けるのやめて誰かに貸そうぜ!
  3. みなさん、お金借りて~!

こんな流れです。
今までは銀行はお金を手にした時、日本銀行に預けていました。だってみんなに貸すより安全に増えるから。
だけど今回は預けるとマイナスになるので、投資や融資で世の中にお金を流し始めます。そうするとお金が世の中に回り出すので経済が動き出すんじゃないかって事ですね。

目的は?

物価上昇率2%と日銀は言っています。
さっきと言ってる事が逆じゃん!って思うでしょ??
物価が上がったらお金回らないじゃん!って思うでしょ??
けどからくりは違うようです。ポイントは上昇率って点です。

今はデフレが深刻化しています。デフレってのは物価が下がっている状態の事。
良い事じゃんって思うでしょ??けど深刻化が問題なんです。
超簡単に説明しましょう!

  1. この前110円のジュースが今日は100円になってた!やったー!
  2. 最近いつも値下がりしてるから、明日もっと安くなってるんじゃないの??
  3. じゃあ今日買うの止めよー!

これが理由です。
つまり問題はこれ。

みんながお金を使わなくなる

だから物価が下がるのをやめさせて、お金を使わせようって作戦なんです。

インフレは逆。一応説明。

  1. この前100円のジュースが今日は110円になってた!うわー!
  2. 明日もっと高くなるから早く買わなきゃ!
  3. どんどんお金使おうぜー!!

これが行き過ぎるとバブルってやつですな。使いすぎるから貯金が無くなっていきます。
だから、なんか間違えて「カードの支払い分のお金がないー!」ってなったらアウト。
ハジケチャイマスネ。

だから日本銀行はちょうど良い所を目指して政策を考えてるんですね。はい。

でもデメリットもあるんでしょ?

デメリットとして考えられることは、最終的に僕らが負担するローンなどの金利が上がるんじゃないかって事です。
さっきと言ってる事が違うでしょ??それにはこんな理由があります。

  1. お金かりて~!どんどん借りて~!
  2. やべ!金利下げ過ぎて収益が下がりすぎたぞ!
  3. は~い。金利上げるよ~www

こんな流れです。じゃあやらなきゃいいじゃん!って思うでしょ??けど世の中こんなもんです。僕の専門の小売り業界で説明しましょう。

  1. セールだよ~!みんな買って~!
  2. 思ったより売れたぞ!けど定価で買ってくれる人減ったなぁ。。。
  3. よし!もっと早くセールをやろう!

この繰り返しでセールじゃなきゃ売れない世の中になってしまいましたとさ。
で、何をやるか。
どうせセールでしか売れないんだから、原価の安い商品を作って今までの価格で売ろうぜ!ってなるわけです。
即ちセールでも今まで以上の利益がでる。という事は値上がりしたのと同じです。
ただ品質は下がります。だって原価が安いんだから。
そうするとそのブランドは売れなくなります。
そこで新たなブランドが育ってきます。この繰り返し。

話がズレてきたので戻します。

で、僕らのメリットは何なのよ

では一番知りたい僕らのメリットを考えてみましょう。
先ほど説明した通り、「お金借りて~」状態なので、僕らが銀行からお金を借りる時の利息は下がる事になります。
だって商品が残って、それを売り切ってしまいたい時セールをするでしょ?こういう理由です。
なので、

住宅ローンなどの高額のローンはマイナス金利の時に組むと良いとされています。

他には給料が上がる可能性があります。
理由を説明しましょう。
銀行からお金を借りやすくなるって事は、企業が現金を今まで以上に持てるって事ですね。
企業は成長する事を求められていますから、お金を投資していきます。
投資とは株とかだけの話じゃないです。
建物や機材などの設備もそうですが、人件費を上げる事も投資です。
つまり

給料増やすからしっかり働けよって事。

まあ消費税も上がるし、人件費のベースアップは避けられないでしょう。
これも先ほどの説明と同じ。

物価が上がるのに給料が変わらなければ、給料が下がった事と同じでしょう。

ただまぁ、結局消費者の購買行動はこれだけじゃ説明できないんですけどね。
それはまた別の機会に。

これだけ知ってれば部下に質問されても恥ずかしくないと思う3つ事

  1. 銀行が日本銀行に預ける金利がマイナスになるので、銀行がお金を貸し出す事
  2. 今デフレなので、お金をみんなに使ってもらわなきゃいけない状態な事
  3. 会社にお金が入るので、みんなの給料が上がるかもしれない

この位の事言えれば、恥ずかしくないんじゃないですかね??
ただし僕は素人で、素人が素人の上司に質問した事が前提なので、本業の方はしっかり調べてくださいwww

ってな感じで素人なりに調べてまとめてみました。間違ってたら教えてください。

消費者の購買行動ですが、先日企業の作戦に負けて漫画を大人買いしてしまいました。
僕はジャンプが大好きで、iPhoneにもアプリを2つ入れてるんですが、たまに無料で数冊コミックスが読めちゃうんですよね。
で、気になって続きを買いまくっちゃったのがこれ。

両方ともエクソシストネタですが、「D.Gray-man」はダークな感じで「青の祓魔師」はジャンプなノリのマンガです。
おススメなのでぜひ読んでみてください。

以上!

スポンサードリンク