サラリーマンでもふるさと納税するメリットがあるか調べてみた

さしまにです。
最近話題のふるさと納税。「税金」「確定申告」「控除」などサラリーマンは普段意識しない単語が飛び交っています。事業主ならともかく、一般サラリーマンは会社で面倒な税金手続きなどすべて行いますよね。だから「税金がこんなに引かれてるよー」って位しか意識はしないと思います。そこで僕が皆さんの代わりに調べてみましたので記事にしたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ふるさと納税って

ふるさと納税とは、自治体への寄附金のことです。
個人が2,000円を超える寄附を行ったときに住民税のおよそ2割程度が還付、控除される制度です。
また、2015年4月1日より、確定申告が不要な給与所得者等に限り、確定申告の代わりとなる「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を寄附先自治体へ寄附する都度提出(郵送)することで住民税から控除されます。
つまり、実質今収めている県民税・市民税の一部を任意の自治体へ移転する事になります。
※課税所得に応じて自己負担金は2,000円以上になる場合があります。

ふるさと納税サイトより引用

つまり2000円以上ふるさと納税すると、住民税が安くなるよって事です。また、サラリーマンは確定申告しなくても勝手にやっとくよって事も書いてあります。
つまり

サラリーマンでもふるさと納税するメリットがあるって事ですよ。

早々に結論が出てしまいましたが、もっと深く調べてみましょう。

どんなメリットがあるのか

これが一番気になる所ですよね。簡単にまとめてみましょう。

  • 住民税が安くなるぜ!
  • お礼の品がもらえるぜ!
  • 税金を払いたい自治体が選べるぜ!

まとめるとこんな感じ。
ひとつずつ説明してみましょう。

住民税が安くなるぜ!

簡単に説明すると、寄付した金額から2,000円引いた金額が住民税がら控除されます。
なぜ「簡単に」って付け加えたかと言うと、控除される上限が決まっているから。
201502130001
総務省より引用(オリジナルはこれ

これがふるさと納税額の一覧です。細かく上限が決まっていますね。

サラリーマン夫と専業主婦と幼児一人の家族で年収が30代平均の約450万円だった場合は
4,6000円がふるさと納税の上限額になります。

つまり
4,6000円から2,000円を引いた金額4,4000円が控除される計算になります。
1か月になおすと、約3,666が控除されます。

けど、2,000円引かれるから結局損をしてるじゃん!って思う方は次をご覧ください。

お礼の品がもらえるぜ!

なんと自治体によっては¥2,000以上の価値があるものも貰えるんです!
ふるさとチョイスで2016年1月のランキングを見てみると、

1位:佐賀県三養基郡上峰町
「九州産黒毛和牛(チルド発送)しゃぶしゃぶ用たっぷり500g」が1万円以上の寄付で貰えます!
201602130002
これで2,000円のコストなんて吹っ飛ぶでしょ!

しばらく肉が続くので。。。
4位:山形県寒河江市
1万円以上で調べると「27年産厳選つや姫5kg」!
201602130003

5位:高知県高岡郡四万十町
1万円でこれがもらえる!「これこそが四万十町の朝ご飯だ!」
なにこれ気になる!
201602130004

このように自分の街をアピールした商品が沢山あります。
ついつい寄付したくなるでしょう!

これが重要なんです!

税金を払いたい自治体が選べるぜ!

で、ここに繋がるわけですが、それぞれの自治体が自分の街をアピールして寄付金を募ります。
つまりクラウドファンディングってな訳です。
意味が解らない人はググってください。と言いたい所ですがWikipediaから引用します。

クラウドファンディング(英語:Crowdfunding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である[1][2]。ソーシャルファンディングとも呼ばれる[3]。

企業の資金集めと同じですね。「こんな事やりたいから出資してください!」ってやつです。
いつも勝手に引かれている税金の使い道が不透明な為、心配している貴兄も多いんじゃないですか?

そんな貴兄こそふるさと納税しましょうよ!

なぜって??ふるさと納税は使われ方でも選べるんです。
実際ありましたGCF(ガバメントクラウドファンディング)ランキング。
目標金額や現在の達成金額、何をしているかの報告も見れます。
現在の1位を見てみましょう!

・広島県神石高原町の「殺処分ゼロへ勝負の年!さらなるご支援を」
201602130005

広島県神石高原町(じんせきこうげんちょう)のピースウィンズ・ジャパンが運営する「ピースワンコ・ジャパン」プロジェクトでは、2016年までに広島県内の犬の殺処分をゼロに、そして世界中の方が訪れる2020年の東京オリンピックまでに日本の犬の殺処分をゼロにする、という目標を掲げています。プロジェクトの第1段階として開始した「広島県の犬の殺処分ゼロを目指す1000日計画」が今年の6月15日に期限を迎えます。
皆さまからのご支援によって保護施設の拡充が進む一方で、譲渡のペースを上げていくことが今後の大きな課題になります。この勝負の年にさらなるご支援をどうかよろしくお願いいたします。

プロジェクトのページから引用しました。
このプロジェクトは2月13日現在570万円強の支援金が集まっています。

お役所仕事を根絶すべし

これまで書いてきた事で「ふるさと納税」の魅力は解って頂けたと思います。
実際僕もふるさと納税にチャレンジする事にしました。
で、今後の話。

さっきも話した通り「税金の使い道が具体的に知りたいよ!」って人も多いと思います。
僕が思う「ふるさと納税」のポイントは各自治体が競争しあっていくんじゃないかって事。
会社と同じ。ライバルがいない会社は成長しません。
ライバルより優れていて魅力的な商品を常に考えていなくちゃダメ。

安心して胡坐をかいているようじゃ自治体も今後やっていけないって事です。

「町として何をやっているのか」「どのような魅力があるのか」など必至に頭を絞って考えて、ひねり出す。
無ければ作ればいい。
そうやって資金を集められる自治体がどんどん増えていけば、日本がどんどん魅力的な国になるんじゃないかなって思う訳ですね。はい。

サラリーマンでもふるさと納税するメリットがあるか調べてみた
この記事をお届けした
さしまにコンテンツの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク