【macOS Sierra】ユニバーサルクリップボードが使えない問題【解決】

2017年1月8日に追記致しました。

皆さんはmacOS Sierraにアップグレードしましたか?
僕は後先考えずに、即変えました。
ただ、期待していたユニバーサルクリップボードに問題が発生!
今日はその報告です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ユニバーサルクリップボードとは

macOS Sierraの目玉機能の一つです。
紹介文をAppleのページから引用します。

ユニバーサルクリップボード
こちらのデバイスでコピー。そちらのデバイスでペースト。
あなたのiPhone上のアプリケーションで画像、ビデオ、テキストをコピーして、近くにあるあなたのMac上の別のアプリケーションにペーストできます。その逆も同様です。追加の操作は一切必要ありません。今までしてきたようにコピー&ペーストするだけです。だからMac上でネットサーフィンをしている時に素敵なレシピを見つけたら、あなたのiPhone上の買い物リストに材料の一覧を直接ペーストしましょう。

なんて便利そうな機能なんでしょう。
さて試してみよう。

macOSからiOSの方向にしか使えない問題

問題発生です。
MacからiPhoneにはコピペできるのですが、iPhoneからMacにはコピペできません。

使用条件を満たしているかチェック

こういう時は根本的な問題かもしれない。
使用条件をチェックしてみましょう。

Appleのページから引用です。
201609220001
201609220002

うん、問題ないはず。
僕のMacBook Pro 15インチ mid 2012はまだまだ現役です。
iPhoneはiPhone7 Plus。これはさすがに大丈夫でしょ。。。

原因を調べてみた

色々ググってみたのですが、さすがにまだ情報が少ない。
出てきた解決方法としては、

  • iMessageがオンになっているか確認
  • Handoffがオンになっているか確認
  • Bluetoothがオンになっているか確認
  • クリーンインストール

iMessageは設定 → メッセージでチェックできます。
うん。オンになっている。念のため、一回オフにしてからオンに。

やっぱりだめだ。。。

Handoffは設定 → 一般 → Handoffでチェックできます。
うん。オンになっている。念のため、一回オフにしてからオンに。

やっぱりだめだ。。。。

bluetoothは設定 → 一般でチェックできます。
うん。オンになっている。念のため、一回オフにしてからオンに。

やっぱりだめだ。。。。

クリーンインストールは面倒だからやりたくない。
もっと情報を集めてみましょう。

調べているとMacBook Pro 15インチ mid 2012で同じ症状の人を発見。
OSのバグの可能性もあるのかな。。。

結果

結果としてまだ解決しておりません。
引き続き調査をして解決報告をできたらと思います。

2017年1月8日に無事解決いたしました。

結果2(2017年1月8日追記)

先日解決方法を読者の方からご指摘いただきました。相当細かく検証いただいたようです。
「皆に教えてあげてください」とありがたいお言葉を頂けたので、ご厚意に甘えさせていただき追記させていただきます。

原因を追求していくと、複数のApple端末を利用しているとBluetoothの干渉が大きく影響してくるようです。
ここに関しては僕も調べてみました。

まずはBluetoothとは。
安定のWikipedia先生です。

数mから数十m程度の距離の情報機器間で、電波を使い簡易な情報のやりとりを行うのに使用される。当初エリクソン、インテル、IBM、ノキア、東芝の5社(プロモーター企業)によって策定され、その後マイクロソフト、モトローラ、3COM、ルーセント・テクノロジーの4社がプロモーター企業として加わり、現在は3COM、ルーセント・テクノロジーの2社が脱退し、アップル、およびNordic Semiconductorが加わり、9社がプロモーター企業となっている。IEEEでの規格名は、IEEE 802.15.1である。
2.4GHz帯を使用してPC(主にノートパソコン)等のマウス、キーボードをはじめ、携帯電話、PHS、スマートフォン、タブレットでの文字情報や音声情報といった比較的低速度のデジタル情報の無線通信を行う用途に採用されている。

Bluetoothは2.4GHz帯を79の周波数チャネルに分け、利用する周波数をランダムに変える周波数ホッピングを行いながら、半径10 – 100m程度のBluetooth搭載機器と、最大24Mbpsで無線通信を行う。モバイル通信における廉価な通信端末用の規格であり、それほど厳密な送受信の制御や秘匿性は考慮されていない。
当初は赤外線短距離通信であるIrDAの完全置換えという誤った認識で普及が試みられたが、使いにくさが強調され、普及の妨げとなった。しかし現在では(赤外線通信と比較して)指向性の少ない、簡易なデジタル無線通信としての利便性が認識され、多様な分野で普及が進んでいる。
Bluetoothは、無線接続の状態を意識せずに常時接続したままでの使用状況に適している。反対にIrDAは、意図して接続するのに適している。これらは互いを補完している。
Bluetoothと2.4GHz帯の無線LANは周波数帯を共用する。そのため干渉が起こり、Bluetooth使用時に無線LANの速度が著しく低下するという問題が起こることもある。

つまりBluetoothと無線LANは全て2.4GHz帯を利用しているので干渉するってことですね。

Appleのページにも干渉に関するサポートページがありました。
ここであげられている要因となるものは以下の通りです。

  • 電子レンジ
  • DSS (Direct Satellite Service)
  • 電源
  • 2.4 GHz または 5 GHz 帯を利用する電話機
  • ワイヤレス (RF) ビデオトランスミッター
  • ワイヤレススピーカー
  • 特定の外部モニタおよび LCD ディスプレイ
  • 遮蔽能力が不十分なシールドケーブル
  • その他のワイヤレスデバイス

こんなに干渉するものがあるわけですよ。そりゃ誤作動も起こすわけです。
他にもデバイスを置いている場所や、建物に使われている建設資材が通信の障壁になりうる場合もあるようです。
詳細はアップルのページに書いてありますが、この中でもヤバいのがコンクリートと金属。
鉄筋の壁なんて最悪です。
さて、これを踏まえて頂いた解決方法を検証していきましょう。

超近づける

まずはiPhoneとMacを超近づけてみましょう!
「なんだそんなことかよ!」だって?
簡単そうだけど重要な事ですよ。
Appleのページにも書いてあります。

3.コンピュータと Wi-Fi ルーター (AirMac ベースステーションなど) を互いに近付けます。

ほら、超重要。
接続で迷ったらまずは試してください!
これが一番効果があったとのご指摘でした。
またユニバーサルクリップボードが稼働している時に動作が遅くなる事もありますよね。
その時にも近づけるとかなりの確率で順調に動くようになるようです。

Bluetoothをオンオフする

困った時の再起動ならぬ再接続です。
Appleのページのありました。

1.ワイヤレスネットワーク上のチャネルを変更します。AirMac ベースステーションまたは AirMac Time Capsule の場合は、ベースステーションをリセットすれば、ベースステーションが起動時に 2.4 GHz および 5 GHz のチャネルの中で、もっとも干渉の少ないチャネルを利用しようと試みます。

この文章だけだと「AirMac ベースステーションまたは AirMac Time Capsule」のみって感じですけど、少し上にBluetoothの記述もあるので効果はあるはず。
専門家ではないので間違っていたら指摘してください。

このAppleの説明がBluetoothでも同じことが起こるのならBluetoothをONOFFするってのは効果的だって事です。
先ほどWikipediaより引用しましたが、Bluetoothの周波数は2.4 GHzです。その中を79の周波数チャネルに分けて、利用する周波数をランダムに選んでいるって事です。
つまり1度接続を切って再接続するって事は、干渉を受けているチャネルから干渉を受けていないチャネルへ接続を変更するって事。

ちなみに僕はiPhoneをMacに超近づけてBluetoothを再接続したら無事に動くようになりました

Handoffをオンオフする

ユニバーサルクリップボードが動いていたけど、突然動かなくなっちゃったって時。
この時はHandoffが影響しているようで、これをON OFFすれば再送信され解決するようです。

まとめ

つまり解決方法はこんな感じ。
繋がるまで1から3を順番に試してみましょう。

・全く動かない時
1:iPhoneとMacを超近づける
2:Bluetoothを1度オフにして再接続する
3:Handoffをオンオフする

・急に動かなくなった時
1:iPhoneとMacを超近づける
2:Handoffをオンオフする
3:Bluetoothを1度オフにして再接続する

これを試してみてください。僕はこれで解決しました。
僕は使用していないので未確認ですが、AirDisplayをケーブルで利用している時もユニバーサルクリップボードは動かなくなるという話でした。
これだけは検証したが全く動かなかったとの事です。一応僕は未実証なので参考までに。

そういえばiPhone7 pLusはデカいのでこれ買いました。

リングがあると全然違います。これで安心。

では、また。

【macOS Sierra】ユニバーサルクリップボードが使えない問題【解決】
この記事をお届けした
さしまにコンテンツの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク