近未来に訪れるデジタル革命に触れてみる

皆さんは近々訪れる未来をどうお考えですか?
僕のような小売企業は現状、デジタル産業革命抜きには将来を語れなくなってきました。
果たして近未来はどのような世界になっているのでしょうか?
それを考えてみたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Microsoft: Productivity Future Visionを見よ

Microsoft: Productivity Future Visionってご存知ですか?
YouTubeでも観ることができる動画です。
それがこちら。

By Microsoft in Business

透明な画面、タブレット、PCらしきもの、柔らかいディズプレイ。
全てシームレスに接続されていて指先とジェスチャー、音声でコントロールできます。
途中女性が耳につけているもの。これがプライベートなデバイスでしょうか?
あらゆる場所に共有のデジタルデバイスがあり、全てがプライベートなデバイスと繋がっています。

これが近々訪れる未来って信じられますか?
聞いた話によると、現在の技術でほとんど実現可能らしいです。

先日Microsoftから発表されたSurface Studio。
どんどん未来に近づいていきます。
同時に発表されたSurface Dialの進化系らしきものもProductivity Future Visionに映っていますね。
本当にMicrosoftは自分たちの描く未来に着実に進んでいる気がします。

人工知能との切ない恋「her/世界でひとつの彼女」

この映画はある男性が最新のAI(人工知能)と恋に落ちる物語。
近未来の日常が大変上手に表現されており、一見の価値があります。
ぜひ観てみてください。

で、この中に出てくるデバイスも先ほどのMicrosoftのヴィジョンと近いものがあります。
小型のデバイスと耳につけるデバイス。
コントロールはもちろん音声。
優秀なAIのアシスタント。
なんて素敵なんだろう。

近未来を考えてみる

ここから考えるにPC、スマホ、タブレットなんて現在のようなデバイスの個々の区別は無くなりますね。
一つのプライベートデバイスが様々な表現をするんでしょう。
そして全て共通の操作感で統一されていて、クラウドでシームレスに繋がっている。
デジタル機器を持つって感覚じゃなく、生活の一部になっているんでしょうね。

ちなみに最近の子供はプリントアウトした写真もスマホ内の写真と同じように弄れると勘違いして指でピュッとやります。
僕らくらいのおっさん世代からしたら笑い話ですが、それが当たり前の世代が人口の大多数になっていくんです。

つまり何が言いたいかっていうと、新しいものを柔軟に受け入れていかないと未来が無いよってこと。
耳が痛いおじさまが多いんじゃないですか?
このブログの読者は大丈夫だと信じてますwww

今日はこんな感じで。
ではまた。

スポンサードリンク
スポンサードリンク