失敗しないベースの選び方。初心者はこの買い方がオススメ!

ベースをこれから始めたい。初めはどんなベースを買ったらいいの?
誰でも通る疑問です。

ググってみても解らない。雑誌を読んでも解らない。
ニャンニャンにゃにゃん、ニャンニャンにゃにゃん。

友人のギタリストに連れられて行った御茶ノ水はまるで異世界。
友人と店員が話す言葉はまるで異国語。

iris16011452-3_tp_v

初めに結論を言っちゃいます。
元ベーシストの僕の結論は、「見た目で選びなさい」って事。

今日は1本目の選び方と2本目以降の選び方をまとめてみたいと思います。

初めてのベースは何を買うべきか

iris16011412-2_tp_v

代表的なベースブランド

  • フェンダー
  • ギブソン
  • スペクター
  • ワーウィック
  • リッケンバッカー
  • ミュージックマン

パッと思いつくだけでもこれだけあります。価格も数万円で買えるものから数十万円出しても買えないものまで様々。
値段が高ければ高いだけ良いって訳ではありませんが、安すぎるものも考えものです。
楽器屋の店員さんに、これから始める事を伝えるとアンプとセットの「初心者セット」を勧めてくる可能性があるんですが、絶対にやめておきましょう。
約束です。

好きなアーティストの真似をしよう

あなたがベースを始める理由はなんですか?

ギタリストの友人に誘われたから?
好きな曲の好きなリフがベースだから?
天からの啓示?

まぁどんな理由であろうと、音楽をやろうって心に決めたからには「好きな音楽」がありますよね?
そして好きなアーティストバンドがいますよね?

そのアーティストやバンドのベーシストが使っているベースを店員に伝えましょう。

好きなアーティストがベーシスト以外だったら、CDの歌詞カードをみてみるか、ネットで曲名やアーティスト名でベーシストをググればすぐに解ります。
バンドだったら簡単。そのベーシストの写真を持ってったり、それこそググれば一発です。

どんなに安いベースでも数万円の買い物になりますので、下調べはしっかり行いましょう。

ベース名を伝えると店員さんはプロなので、店にあればそのベースを持ってきてくれます。
そして自分で持ってみましょう。
できればアンプに挿して音を出してみましょう。
初めに初心者だって事を伝えているので、弦を指で弾くだけでも良いと思います。

心が踊ってきませんか?
それが音楽です。

ただしアーティストが使っている楽器そのものは、アーティストによりますが、高価な事が多いです。
ヴィンテージ楽器を使っている場合は手に入らない場合があります。

お金があれば購入するって道もありますが、購入を躊躇するような金額であれば、店員さんにその楽器・ブランドのエントリーモデルを聞いてみてください。
大多数の楽器ブランドには購入しやすいエントリーモデルがありますので、それを購入するのも手です。

下のベースは同じフェンダーのジャズベースって種類です。多くのアーティストが愛用する伝説のベースです。
同じジャズベースでもこれだけの価格差があります。

エントリーモデルは高額なモデルと比べて、素材が違ったり中の回路が違ったり生産国が違ったりと様々な違いがあります。
ただし音の面で話しますと、初心者が自分の演奏で他人にその違いを気づかせるレベルになるまでには、かなりの練習が必要です。

初心者にオススメする初めの一本目のベースは、
好きなアーティストが使っているベースのエントリーモデルです。
これを買えば間違いありません。

ただし僕の経験上、頑張れば買える金額ならローンを組んででも買うべきです。
そうしないとベースにハマった場合、間違いなく買い直します。

とにかく気に入ったベースを買い、鏡の前で練習する事。
それがベース上達の近道です。

ベースの練習方法はこの記事にも買いてありますので、ぜひ読んでください。
元ベーシストがベースの魅力について語ってみる

2本目以降の選び方

iris16011424-3_tp_v
2本目以降は好みです。
1本目で本当に気に入ったものを買ったなら、新しいものを買う必要はないかもしれません。

先ほどの説明通りに好きなアーティストが使っているベースのエントリーモデルを買った方なら、アーティスト本人が使っている憧れのモデルを買うのも良いでしょう。

とにかく2本目のベースが欲しくなってきたという事は、ベースにハマり、知識も増え、好みも出てきてるって事。
それを踏まえて考えてみましょう。

2本目のベースを選ぶ基準

  • 機能
  • 弦の本数
  • 天の声

自分のベースの音じゃ満足できなくなってきた。
他にカッコいい、持ってみたいと思えるベースがでてきた。
パッシブのベースを持ってるけど、アクティブのベースが欲しくなってきた。
4弦ベースを買ったけど5弦ベースも引いてみたい。
朝起きたらベースを買わなきゃって思った。

などなど新しいベースを買う理由がちゃんとあるはず。
それを明確にしてから楽器屋に向かいましょう。

そして楽器屋に着いたら必ず試奏しまくる事。
ベースは木で出来ている為、1本1本音が違います。
たとえ同じ種類のベースでも絶対全部弾く事。
約束です。

次に妥協しない事。
妥協すると、すぐに3本目が欲しくなってきます。
それを続けていくうちに、結局一番欲しいモデルが何本も買える金額をベースに使ってしまった。なんて事が多々あります。
なので、その時欲しいモデルが頑張れば買える金額なら買ってしまった方が無難でしょう。
経験上間違いありません。

ここまで続けられたあなた。
楽器は一生ものです。
一生使うものなので本当に好きなものを買いましょう。

3本目以降のベースを選ぶ基準

iris16011414_tp_v
ここまできたあなたならもう助言は必要ないはず。
助言が必要っていうなら、買わなくて良いでしょう。
明確な理由がないって事は、今のベースで満足しているって事。

最高じゃないですか。
一生愛してあげてください。

ただ、ベーシストとは貪欲な生き物。
正妻一人じゃ満足できない人も多いはず。
注)ベーシストは自分のベースを女性扱いする人がほとんど。キモがらないでね。

そんな時、他人のベースを選ぶ基準が気になるでしょう。そうでしょう。
最後に僕のベースを選ぶ基準をまとめます。

さしまに流ベースの選び方

iris16011410_tp_v

自分の出したい音をCDから探す

何本かベースを弾いているうちに、こんな音も出したいって音が出てきます。
その音源のベーシストと使っている楽器を調べ、楽器屋に試奏しに行きます。
イメージと合えば購入。
違えば見送りって感じ。

音源になっている音は、アンプの違いやエフェクターの違いなどで相当音が作り込まれています。
同じ環境を作り出す事は困難なので、それも踏まえて検討しなければいけません。

好きなアーティストのメインベースが変わった

こりゃしょうがない。
欲しくなりますよ。
だって真似したいですもん。

これだけは、どんなに経験を積んでも変わりません。
スターは永遠にスターなんです。

一目惚れ

最後に一目惚れ。
楽器屋巡りをしていると急に欲しくなる時があります。
試奏してみるとビビってくる時。
これで何本買った事か。。。
楽器屋巡りは気をつけて下さい。

結局何本持ってるの

上記な感じで、僕はベースをたくさん買いました。
現在ベーシストは引退して、趣味で弾くくらいです。
そんな今、手元に何本のベースがあるのか。

2本です。

一番初めに好きになったベーシストがレコーディングでメインで使っているベースが1本。
現役時代、目標にしていたベーシストがライブとレコーディングで使っているベースの同型のベースが1本。

あとは売っちゃいました。場所もとるし。
そして結局、本当に気に入ったものじゃないと弾き続けません

本当は1本だけに絞って処分しようとしましたが。。。無理でした。。。
それで2本。
それだけ形も音も好きなベース。

皆さんもそんなベースに出会えることを願っています。

そういえば、今回ベースの事をブログに書くにあたって調べていたらベーシストのバイブルを発見しました。
毎号買って読みふけっていました。
知識もつきますし、練習フレーズもGoodです。
ベーシストなら目を通した方がいいですよ。

ではまた。

スポンサードリンク