部下に好かれる上司になる為に気をつけている5つの事

上司とは難しいものです。
ネットを検索してみると、上司の愚痴で溢れています。
どんなに素晴らしい上司でも、一度の失態で評価は地に落ちてしまう事も珍しくありません。

そんな厳しい世の中、転職を繰り返し中間管理職になった僕が部下に対して気をつけている5つの事を記事にしてみたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

1:部下の話を聞くときは部下の顔をしっかり見る

中間管理職とは忙しいものです。

鳴りまくる電話。
上司の無茶振り。
理解しがたい取引先の行動。

日常茶飯事問題多発な事でしょう。

そのような日常で、部下がこちらに近づいてきた時に皆さんはどのような対応を取っているでしょうか?
おざなりにはしていませんか?

部下が自らこちらに近づいてきた時には要注意です。
上司とは近寄りがたいもの。
世間話なんてことは絶対にありません。

きちんと仕事を一時中断して、部下の顔を見て話を聞きましょう。

その数分で、あなたの上司としての評価が変わります。

2:部下に頼まれた仕事は最優先で終わらせる

現役バリバリの中間管理職はいつも大きな案件に追われている事でしょう。

積み上がる書類の山。
迫り来るデッドラインの嵐。
舞い込む上司からの最優先事項。

迫り来る締め切りのストレスが五臓六腑に染み渡っている事でしょう。

そのような日常で、部下に頼まれた仕事を皆さんはどのように扱っているでしょうか?
後回しにしていませんか?

部下に頼まれた仕事は自分の緊急案件に比べたら大した事は無いかもしれません。
優先順位は低いかもしれません。
けど部下が上司に提出する為に全力で取り組んだ仕事です。

必ず最優先で部下にレスポンスしましょう。

たとえ要領の悪い自分でも、部下には仕事が早い上司だと思ってもらえます。

3:部下に求められた決断は1分以内に答えを出す

日々鬼のような仕事をこなす中間管理職は、随時多大な決断を求められている事でしょう。

苦情に対する決断。
利益に対する決断。
人に対する決断。

求められるプレッシャーで思考がゲシュタルト崩壊間近な事でしょう。

そのような日常で、部下からの質問を皆さんはどのように扱っているでしょうか?
なおざりにはしていませんか?

部下にされた質問は自分の下さなければならない決断のレベルと比べたら大した事はないかもしれません。
自分が考えて決断を下さなくてもいいかもしれません。
けど部下が真剣に悩んで答えが出なくて求められた質問です。

必ずその場で1分以内に決断を下しましょう。

どんな簡単な答えでも頼れる上司だと思ってもらえます。

4:部下に気軽に話しかけてもらえる上司になる

リゲイン全開のジャパニーズビジネスマンである中間管理職の思考は常に張り巡らされている事でしょう。

山のようなメール。
処理しきれない重要案件。
求められる新規の企画。

はりつめた弓のふるえる弦とは、まさにこの事でしょう。

そのような日常で、部下へのコミュニケーションはきちんと取っているでしょうか?
笑顔を忘れていませんか?

上司のとぎすまされた刃のような顔は美しくはありません。
部下に対する顔はいつも笑顔でいましょう。
いつも笑顔でこちらから声をかけましょう。

部下との日常会話の中に部下の不安は紛れています。

部下の話をいつでも聞ける環境が、部下のまことの心を知る秘訣です。

5:上司に気に入られる上司にはならない

中間管理職が常に使っている「気」は戦闘力53万どころではないでしょう。

上司に気を使い。
取引先に気を使い。
部下にも気を使う。

エブバデ八方美人もいいところでしょう。

そのような日常で、上司の前でも自分の意見を正しく言えているでしょうか?
部下の前と意見を変えていませんか?

上司の前でおべっかを使う上司は部下から見ると滑稽極まりないです。
自分の意見は余程のことがない限り上司の前で変えるのはやめましょう。
時には上司とぶつかる必要もあります。

たとえ上司だとしても正しいことを貫ける姿が信用を勝ち取ります。

四方八方同じ顔を向ける美人が本当の美人です。

まとめ

以上が僕が仕事で気をつけている5つの事です。
もう一度まとめましょう。

  • 部下の話を聞く時は、部下の顔をしっかり見る
  • 部下に頼まれた仕事は最優先で終わらせる
  • 部下に求められた決断は1分以内に答えを出す
  • 部下に気軽に話しかけてもらえる上司になる
  • 上司に気に入られる上司にならない

以上の5つです。
転職を繰り返し、様々な上司を見てきた僕が出した結論を書いてみました。
決して難しい事ではないですが、できない上司の方が多かった気がします。

自分がした些細な行動や言動。
部下にとってはショックな事も多いはず。
傷つく事も多いはず。
ぜひ皆さんも一度見直して見てはいかがでしょうか?

ほんの少しの気遣いの違いで、部下は慕うべき上司を決めていると思いますよ。

ではまた。

部下に好かれる上司になる為に気をつけている5つの事
この記事をお届けした
さしまにコンテンツの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク