MacBook Pro 13インチTouch Bar非搭載モデルを約1ヶ月使ってみて思った事

日本時間の2016年10月28日。
新しいMacBook Proが発表された記念日ですね。

早速次の日にAppleストアに駆け込んで衝動買いしてから、約1ヶ月が経過いたしました。

この1ヶ月間使い倒した感想でも書いてみたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

やっぱり最新機種は早い

散々ブログでも書いておりますが、MacBook Pro (13-inch, Late 2016, Two Thunderbolt 3 ports)を購入するまではMacBook Pro(15-inch, Mid 2012)を愛用していました。
当時の松モデルのHDをSSDに変えバリバリにチューンナップしたマシン。
ベンチマークも4年前のモデルですが比較的に良い数値を叩き出しています。

ベンチマークの数値もMacBook Pro 13inch Late2016とあまり変わらないので、まだまだ現役と思っていました。

ダガシカシ!

体感速度は天と地との差です。

MacBook Pro 13inch Late2016の方が圧倒的に早い。
これだけでも買い換える価値はありました。

マックは安定してるし快適

MacBook Pro 13inch Late2016の前に使っていたsurface3。
このブログでも数々の記事を書いています。

Windows10にし、IIJmio(みおふぉん)のSIMをぶっ挿し、最強のモバイルマシンと信じ込んで溺愛しておりました。

そう、MacBook Pro 13inch Late2016を購入するまでは。

改めてMacBook Pro 13inch Late2016とsurface3を比べてみると、自身で通信ができる点以外はsurface3の優っている点が見当たりません。
SIMは繋がらない時が多々あるし、訳のわからないエラーは多発するし、フリーズするし、adobe製品は重くて使えないし。

タッチパネルwww、サーフェスペンwww

ついにはこんな風に思えるくらいになってしまいました。
マックは比べ物にならないくらい安定しているし、外出先でネットに繋げる時はテザリングでOK。
訳のわからないアップデートも毎週無いし、パワーもあるから大抵のアプリは問題無し。

僕の使い方限定ですが、adobe製品はPremiere以外はちゃんと使えます。
Premiereは動きますがモタつくので諦めました。
Final Cut Pro Xなら問題ないので引き続きこちらを使います。

使っていて楽しい

これは人によると思いますが、やっぱりMacは触りたくなります。
仕事も苦痛じゃなくなります。

人によると思いますが。

僕はこのMacBook Proを購入してから、毎日触っています。

ブログも更新するようになったし、プログラム言語の勉強も始めました。
Adobeアプリも使いこなせるようになる為に、日々精進しています。
Motion5でも日々遊んでいます。

もちろん仕事でも外出時のメインマシンとして不動の地位を築いてしまいました。

そして、とにかく触るようになった。
ただし、

人によると思いますが。

結論

とにかく、ある程度古いMacを使っている方や、WindowsからMacに買い換えを検討している方はMacBook Pro 13インチ Late2016を購入しても後悔はないと思います。

タッチバーの有無は今回の購入に対して大きな問題です。
だけど予算に応じて考えれば良いと思います。
現在対応アプリも少ないので、新機能に重点を置かないのであれば、価格の安い「MacBook Pro 13インチTouch Bar非搭載モデル」を購入するのも手ですよ。

このMacはMacbook Airの機動性とMacBook Proに迫るパワーを兼ねそろえております。

まとめると、

  • 新しさ
  • 安定性
  • 楽しさ

この3点は正義だと思いました。

悩んでいる方は買った方がいいと思いますよ。
今はとにかく自分色に染めたくて、こんなものも買ってしまおうかと思ってますwww

ではまた。

MacBook Pro 13インチTouch Bar非搭載モデルを約1ヶ月使ってみて思った事
この記事をお届けした
さしまにコンテンツの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク