会社の飲み会は目的がなければ付き合わなくて良い。いやマジで。

やってまいりました。年度末。
そしていらっしゃい新年度。

まもなく3月でございます。
そして来たる4月。

増えますね。
あれですよ、あれ。
飲み会です。

今日はその飲み会について書きます。

大変ご好評いただいているこの記事。

上司は極力部下を誘って飲み会を開くべきではないと思う

特に年末年始はすごいPV数でした。
それだけ飲み会に行きたくないって人が多いってこと。
だろうなーって思いますよね。

飲み会には全員目的を持つべきである

こう思います。

じゃなければ行かなくて良い。
強制する上司がいる場合はガン無視で結構。
できない場合は早めに見切りをつけるべきでしょう。

目的ってなんなの?

つまりその飲み会の目的です。
これが重要。
目的の無い集まりなんて時間の無駄です。
世の中で一番貴重なのは「時間」。
貴重品の無駄遣いは無くすべきです。

あとよく言われる飲み会の目的が「コミュニケーション」。
まずコミュニケーションの意味を調べてみましょう。
Wikipedia先生から引用です。

「コミュニケーション」という語は多種多様な用いられ方をしている。
辞典類ではまず、人間の間で行われる知覚・感情・思考の伝達[1][3]、などといった簡素な定義文が掲載されている。
ただし、上記のような定義文では不十分で、一般に「コミュニケーション」というのは、情報の伝達だけが起きれば充分に成立したとは見なされておらず、人間と人間の間で、《意志の疎通》が行われたり、《心や気持ちの通い合い》が行われたり、《互いに理解し合う》ことが起きて、はじめてコミュニケーションが成立した、といった説明を補っているものもある [4]

そう。重要なのは「お互いの意思」ってところです。
片方が嫌がっていたら意味がない。

つまり「コミュニケーション」を理由にした強制的な飲み会は「コミュニケーション」では無いってこと。
「コミュニケーションなんだから参加は必須」なんてのは理由にはなりません。

それでは話を戻して目的を考えてみましょう。

人事異動関連

いわゆる「歓迎会」「送別会」です。
「課」だったり「チーム」単位でやるあれですね。

これは仕事というよりも「気持ち」の問題でもありますので、否定はできません。
参加者で、異動者にご馳走するって事が多いんじゃないでしょうか。

部下からの提案で「気持ち」がある上で行うなら、「気持ち」がある人だけ集めてスッキリ割り勘でも良いかもしれません。
万が一「行事化」しているのであれば、たとえそうでなくても部下から見ると仕事に近いものでもあるので、上司が金銭的負担をある程度するべきだと思います。

ちなみに僕は自分から「歓送迎会」の話を絶対しません。なぜなら命令になるから。
だから誘われれば行きますし、ある程度の支払いはして先に帰ります。

要は「気持ち」が目的。
それが無い人は来なくて良いし、逆に「気持ち」が無い人が来ても嫌ですよね。うん。

行事関連

「忘年会」「新年会」「打ち上げ」などです。
これは会社や上司主導の場合の話。
同期同士や年次が近いもの同士の場合はご勝手に。

結論から言うと、会社や上司主導の場合は仕事と捉えるべきでしょう。
その場合はしょうがない。
だけど「会社経費」「残業代」がつく仕事の場合のみ。

「会費」もあって「残業」にもならない場合は仕事では無いので、自由参加にすべきです。
帰る人は自由に帰ってもらって、飲みたい人だけ残る。

これは「ストレス発散」とかが目的になるのかな?
その目的がない人は参加しなくて良くするべきです。

上司主導

これは上司に目的がある場合です。
部下と話したいとか、自分がお酒が好きだから付き合ってもらいたいとか、部下の普段の功績を労いたいとか。
必ずしも部下を飲み会に誘う必要性はありませんね。
全て上司の気持ちが優先しています。

基本的に上司の話は会社で話すべき。
会社以外に誘う場合は上司の都合なので「来ていただく」って気持ちを持ってください。

なので以前も記事に書きましたが、来てくれた部下の時間をいただいていると思って部下を接待しなければなりません。
「楽しませる」「お金を払う」「早く帰る」この3つは忘れてはダメ。

だって目的は「自分主導の交流」です。
だけど、途中で部下から2件目を誘われた場合は別ですよ。
なるべく付き合ってあげましょうwww

部下主導

部下から上司を誘う場合です。
一対一の場合は極力参加するべきだと思います。

上司を誘うって事は相当勇気がいります。
また部下は何か考えている事があるって事です。
部下の管理は上司の仕事なので、これも仕事のうち。
しっかり話を聞きましょう。

この場合の目的は部下にあります
自分になくても部下に目的があるなら飲みに行くのもありでしょう。

でもまぁ、目的がない時もあるでしょう。
「誰々と飲むんで一緒に飲みませんか?」って時。
これは自由参加でいいと思います。行きたければ行くし、聞けない時はしょうがない。
僕は喜んで参加しますけどね。

同じ立場

最後は同じ立場。
同期とか先輩後輩って場合です。
これは自由です。ホント。

ただ愚痴り合いなんかは目的じゃないです。
ストレス発散が目的っていうならいいかもしれませんけど、僕は行きません。
行く必要もないし、結局は同期同士の傷の舐め合いで足の引っ張り合いになるんで時間の無駄です。

だけど、しっかり上を向いた話を、同じ境遇の同期として励ましあってしていく
これなら良いかもしれませんね。

まぁこれに関しては強い強制力は無いと思いますので、お任せします。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか?
ちゃんと目的があって、するべき事がされているならば「飲みニケーション」も無しではないです。

だけど本当に重要なのは「目的」。
これが無い「飲み会」は無駄でしかない。

自分の持っている貴重な時間を無駄遣いしないようにしてくださいね。

で、僕が最近している時間の無駄遣い(笑)は漫画を読む事。
最近ネットでおすすめされて読んだ漫画がこちら。
アニメーションを作る部活の話なんですが、展開と絵での表現が凄い。
おすすめです。

ではまた。

スポンサードリンク