【注意】Apple Musicの商用利用は不可能だぞ【突撃】

Apple Musicを普段から愛用しています。
先日店舗を運営している人からApple Musicの商用利用について質問されました。
「お店のBGMでApple Musicを使っていいのかな?」って。
個人向けのサービスなんだから無理じゃないのかなって思ったのですが。。。。

ネットで調べてみると、JASRACにお金を払えば使えますよって記事を発見!!

だけど念のため、自分でもAppleに問い合わせた所、驚きの結果になってしまいました。。。
ネットに書いてあることは100%真実じゃ無いんだなって改めて痛感したそんな記事です。

Apple Musicの商用利用についてネットを見てみた

まず、「applemusic 商用」でググってみました。

一番上にある記事をクリックしてみると。。。(ネガティブな情報なのでリンクは避けます)

「Apple Music」での楽曲は、著作権が保護されている楽曲を提供しているので、CDと同じ扱いだそうです。
なので、JASRACなどで手続きをすれば使用可能です。
Apple Musicの担当者は、JASRACとは言いませんでしたが、「音楽著作権管理事業を手掛ける団体で手続きして下さい」という回答でした。

この方はブログでは実際問い合わせたと書いてあります。
「問い合わせ窓口」にリンクが貼ってありますが、リンク先がなくなっている為、同じ所に問い合わせる事はできませんでした。

他にも調べてみると、Apple Musicの商用利用はOKだよって記事を何件か発見。
こりゃ大丈夫だろう思った訳です。

実際にAppleに問い合わせてみた

だけど実際店舗で流してから、実はダメでした!ってなってしまっては困ります。
そこでこのページからAppleに直接聞いてみました。

iTunes でお困りのときは

ここで「Apple Music」、「Apple Musicに関するその他のトピック」、「該当するトピックがない」。
こう選ぶとAppleに自由な質問ができます。
ここから商用利用していいか質問しました。

で、メールを選んで詳細を書き込んで送信。
72時間以内に返事がきます。
僕の場合は24時間以内に返事がきました。
さすがApple。

衝撃の結果とは

待つ事1日。。。ついに返答がきました。。。。

私ね。Apple Musicの担当者じゃないんだけどね。
質問きたから調べてみたよ。
iTunesの規約を読んでみると個人利用って書いてあったの。
だからお店はダメだと思うよ。
それでも使いたいなら、法律の先生に相談してね。
法律の先生がAppleと話したいって行ったら、先生からAppleの法務部に連絡してね。
もし他にも悩み事があったらいつでもメールしてね。バイバイ!

注)文章は若干変えております。

Apple Musicの所からメールしたのに専門外ってなんだよ!!って思いましたが、もうひと押ししてみました。

ここのブログにAppleから使っていいよって言われたって書いてあるよ!(URL付き)
こんな感じで送った所。。。。次の日の昼にメールが!

ここのブログはAppleの正式なものじゃないでしょ?
Appleの公式発表以外信じちゃダメよ。
もし他にも悩み事があったらいつでもメールしてね。バイバイ!

注)文章は若干変えております。

こんなメールがきました。
もうこりゃ諦めるしかないって事ですね。

まとめ

検索したら出てくるブログの真偽は不明です。
もしかしたら当時(2015年)はよくて、今は規約が変わった可能性もあります。
担当者によって答えが変わる事は無いとは思いますが。。。

ひとまず「お店で利用しちゃダメよ」って相談してきた人には伝えようと思います。
もしAppleから別の回答がきたよって人がいたら教えてください!!!

追記(2017年9月5日)

読者の方よりメールを頂きました。

Q:別途演奏権をクリアすればiTunesStoreやAppleMusicを通常のCD等と同様の扱いでBGM利用してよいのか
A:そのように使用して差し支えない

つまり「商用利用」としての問い合わせでは無く、BGM利用として問い合わせればOKを貰えたようです。
もし突撃予定の方がいましたら、「BGM利用」として突撃してみたらいいかもしれませんね。

ちなみにApple Musicを通常のキャリアで使うと結構ギガを使います。
おすすめはWiFiルーターが一番ですね。ギガも気にしなくていいし。

僕はここのWiFiをギガ放題で使っています。
地下鉄は若干キツイけど、それ以外は満足かな!
LINEモバイルのコミュニケーションフリープランの3GBと合わせれば最強です!

スポンサードリンク