Coincheck(コインチェック)の被害にあったのでリスクヘッジを考えてみた

1月26日にCoincheck(コインチェック)から、約580億円相当の仮想通貨NEM(ネム)が不正に引き出されました。
実際僕もCoincheckでNEMを含める少量の仮想通貨を持っているので、このニュースには結構考えさせられました。
とは言っても原資は数万程度なので勉強代としてもよかったんですが、1/28のプレスリリースで保障されるよって発表されたので一安心ですね。はい。
気長に待ちます。

投資ってリスクがあるんだよ

今回色々なところで被害者のコメントをみたんですが、投資って事を理解しているのかなって発言が散見されました。
CoincheckはテレビでCMもしてるんでリテラシーの低い層も参加してるのが原因でしょう。
ほんと自分が入金した原資が保障されていると思っている人多すぎ。

大きいメリットがあるんだから、リスクがあるのは当たり前

リスクがあるから儲かる可能性があるんです。
リスクを負いたくないなら、大人しく銀行に預けるかタンス貯金でもしてれば良い訳です。

って事で、ひとまず取引所はCoincheckだけにしないでZaifも使ってみます。

あとはウォレットに入れても良いんですが、そこまで大きい金額じゃないし手数料も勿体無いのでもう少しほっとこうと思います。

リスクヘッジって大事だよな

仮想通貨もそうですが、その他の事もリスクヘッジって超重要って思った訳です。

仕事だってプライベートだってそう。
何かやる時はうまくいかなかった時の事も考えて常に先の手を考えとかなきゃダメだなって。

先日の記事「大きい病気をして「やりたい事はすぐやるべき」と再確認した話」でも書いたんですが、体を壊した事がきっかけで、とにかく行動するようになったんですよ。
それはそれですごく良い事だとは思うんですが、一応リスクヘッジも考えてみることにします。
特に他人に被害が及ぶ可能性がある場合ね。
はい。しっかりやります。

そうそう。
先日この本を読みました。
お金って題名だけど、お金のことじゃなくて近未来の価値観の話。
おすすめです。

スポンサードリンク